フリーランスのデメリットは本当にデメリットなのか?

フリーランス

海外(カナダ)と日本を行き来するフリーランスになって5年ほど経ちますが、自分の職業やワークスタイルを伝えるとよくよく言われるのが

「いーねー!どこでも仕事できて!」

「自分で働く時間決めれたりするんでしょ!最高じゃん!」

「好きなこと仕事にできていいね!」

と基本的には羨ましがられます。

実際、基本的には満足していますし、これからまた会社員になりたいとも特に思っていませんので、出来る限りこのスタイルを続けていけたらと思っています。

が!!

それとは逆に

「どこから仕事もらってるの?収入が不安定なんじゃない?」

「ローンとか通らないでしょ?家とか買えないじゃん!」

「家で一人で仕事して寂しくない?」

なんて失礼な話、ネガティブな感想もゼロではありません。

ここではフリーランス歴5年の僕がフリーランスになって感じたデメリットを考えていきたいと思います。

 

まずは、

1.収入が不安定、仕事がなくなる。

まあ、これに尽きるかと思います。ていうかこれだけのような気がします。。。

私の場合は運のいいことに定期的にお仕事を依頼してくれるクライアントに出会ったことにより、いまのところ定期的にお仕事を頂いています。

ですが、その会社がいつまでも仕事を依頼してくれる保証は何もありませんし、毎月決まった額の仕事を頂いているわけでもありません。

なので、

「仕事(収入)がなくなったらどうしよう。。。」

という不安をいつも心のどこかに持ち続けながら生きることになりますね。

なので、基本的に寝る前なんかは

「次はなにしようか。。」

とか

「あ、こんなアイデアもあるかもしれない!」

とか考えてしまってます。

 

ですが、逆にいうと会社員の場合もこれから一生その会社が存在するとは限りませんので、いつその会社が倒産して仕事がなくなるかはわかりません。

そういう意味でいつも危機感をもって、次の一手をかんがえているフリーランスのほうがこれからの時代のサバイバル能力は高くなるのではないでしょうか。

「よし、んじゃ会社辞めてフリーランスになるか!」

はかなり危険です。

先にも述べたフリーランスにおける最大のデメリット・不安要素は

「仕事がなくなるかもしれない」

イコール

「来月の生活費はどうしよう・・・」

ですので、その不安感たるやえげつないものがあります。

ではそのデメリットや不安感を限りなく抑えてフリーランスになるにはどうしたらいいのでしょうか

辞める前にある程度の仕事を確保(予測)する。

いまの世の中「フリーランス専門の仕事紹介サイト」というものがあります。

有名なところでいうと「ギークスジョブ」や「レバテックフリーランス」などがおすすめでしょうか。

今もそうですが、僕がフリーランスになり始めたころは「ランサーズ」や「クラウドワークス」も有名でした。

これらのサイトに登録すると、現在紹介されている様々な「案件」を検索することができます。

そこには、必要なスキルや案件の予算などが書かれていますが、そこで自分の現在のスキルとその案件を照らし合わせ、

この案件だと何日くらいでできるから、、、これとこれをこうやってこうやって、だいたい毎月このくらいの収入が見込めるな。。

などと計算してみることをおすすめします。

もちろん会社をやめる前にいくつかの案件をこなしてみることも大事です。

頭の中の計算と実際の話は往々にして違ってきます。

ですが、ここまで来たあなたなら、案外簡単にフリーランスに移行できるかと思いますよ。

2.一人で仕事して寂しいかも、、、

これもよく言われるデメリットですよね。。

私の場合は、会社員時代でも基本的に会社についたら

パソコンの前に座って作業

↓↓↓↓↓↓

昼飯を同僚と食べる

↓↓↓↓↓↓

午後からもパソコンの前でひたすら作業

↓↓↓↓↓↓

定時になっても、社内の謎の圧を感じながらダラダラ作業

↓↓↓↓↓↓

勇気を出して小さい声で「お疲れ様〜」と言いながら帰宅

のループでしたので、仕事中は基本的には誰とも話さないし、

「大事なことはメールで!」
※記録に残るし、言った言わないの議論にならないため。。

の文化だったので、大事な議論はパソコンの前でした。

なので、フリーランスになったからと言って寂しいと感じたことはありません。

むしろ、

「メールやテキストのみで仕事を廻すスキル」

が身について良かったとさえ思います。

このスキルは遠隔で仕事するための必須スキルかと思いますので、ぜひ身につけて欲しいスキルとさえ思います。

「でも、どうしても寂しい!!!」

と感じるのであれば今は「コワーキングスペース」なども全国(むしろ海外にも無数に)にありますし、そちらを利用すればまったく問題ないんじゃないでしょうか。

3.確定申告が面倒なんじゃ。。。

これもよくよく言われることですよね。。。

フリーランスは個人事業主ですので、会社員とは違い自分で確定申告をしないといけません。。。

ぶっちゃけこれは本当に面倒な人はアウトソース(外注)しちゃえば問題ないかと思います。

クラウド会計サービスを行う「メリービズ」と、日本最大級の税理士ポータルサイト「税理士ドットコム」がタッグを組んだ、フリーランスにオススメの「シンプル確定申告パッケージ」というものもあるので面倒なかたはこれらのサービスを利用すれば問題ないですよね。

また、フリーランスになると税金のなかに「経費」という概念が入ってきます。

「経費で落とす」

よく聞くフレーズですよね。

これが使えるようになるのです。

この「経費で落とす」スキルもサラリーマンでは身につくことのない、お得なスキルかと思うので身につけておいて損はないのではないかと思ってます。

4.休みが無い

これも本当によ〜く言われるデメリットですよね。

実際自分も朝起きてコーヒーを飲みながらメール確認や情報収集をやりつつ、作業に入って、、、気がついたら6時くらい。

飯食ってまたパソコンの前に座ってダラダラ寝るまで作業。。

なんて日もあったりしますが、基本的には「働く時間は自分で決める」スタイルをとってます。

フリーランスなので、やったらやった分だけお金になる。休んだら休んだ分だけ収入が減る。

ですので、お金が欲しかったら働き続けるし、休みたかったら休めばいい。です。

なので会社員的な概念の「休み」とは根本的に違いますよね。

「土日だから休み!」

ではなく、

「ここ3日ほどずっと働いて頭も身体も疲労したから休もうかな。」

に近い発想になります。なのでさじ加減もすべて自分任せです。

おまけ:クレジットカードの審査に落ちるんじゃ。。

これはガチみたいです。

こればっかりは自分の力ではどうしようもないですよね。。

まだ持っていない方は会社を辞める前にとりあえず一枚はつくっておいたほうがいいですね。。

フリーランスにおすすめのクレジットカードはこちら

楽天カード

まとめ

デメリットと書きながらも結局デメリットではなく、意外とメリットだった。。というオチなのですが、

  • 仕事の確保
  • クレジットカードの確保

この2つはガチですので、これからフリーランスになるぞ!

という方はぜひ参考にしてください。

 

 

[box class=”box26″ title=”この投稿で紹介したサービスはこちら”]ギークスジョブ
レバテックフリーランス[/box]

やいと

カナダの田舎で家族とまったり生活中。
日本でWeb系フリーランス → カナダでWebマーケター(会社員) → カナダ永住権取得 → カナダの田舎でフリーランス。

やいとをフォローする
フリーランス
スポンサーリンク
シェアする
転職そして海外移住へ…
タイトルとURLをコピーしました